戻る


売却(勝浦市内)
利用していない家や土地は管理に手間や経費がかかります。不要な不動産は売却した方が賢明と考える方が増えています。売却は地元の不動産業者に専任媒介で依頼することをお勧めします。勝浦市内の物件売却をご検討の方、お気軽にご相談ください。
 

 

 

購入(勝浦市内)
購入前に物件の情報収集は必要ですが、購入の条件はあらかじめ決めておくことをお勧めします。該当する物件が見つかった場合、購入の機会を逃すことなくご希望の物件を手に入れることが可能になります。また、地元の地域情報も事前に知っておいた方がよいでしょう。
 

 

 

賃貸(勝浦市内)
店舗、事務所、別荘、一戸建は少なく、マンションはリゾート用が多く永住向きではありません。一般アパートに学生の転居が増え、学生専用アパートは空室が増えています。これから新規にアパート経営をご検討の方、要注意です。
 

 

税金
不動産は所有しているだけでかかる税金(固定資産税など)や売ったときにかかる税金(譲渡所得税など)、買ったときにかかる税金(不動産取得税など)があります。これらの税金はそれぞれ特例措置があり該当する場合は税金が軽減されますので事前に該当するか調査しこれらの制度を利用することをお勧めします。
 

 

 

不動産登記
不動産の売買は登記手続きを伴います。登記には登録免許税(印紙税)がかかります。経費として忘れがちな費用です。特例措置により軽減される場合もありますので事前の確認が必要です。
 

 

 

測量
土地の取り引きは実測で行う場合と登記簿上の地積で行う場合があります。登記簿上の地積で行う場合は後日実測したときに清算をするのかしないのかはっきり決めておかないとトラブルの原因になります。
 

 

 

重要事項の説明
正規の不動産業者は契約前には必ず重要事項説明書を交付して説明することになっています。売却や購入時に不安があるようでは困ります。あとで心配やトラブルをさけるためにも納得できるまで説明を受けましょう。
 

 

トラブル防止
正規の不動産業者が加盟している各種団体でも不動産取引や契約についてのアドバイスが無料で受けられます。また、万一のトラブル時には無料の相談窓口にもなります。(公社)全国宅地建物取引業協会連合会
 

 

 

最後に
物件探しのポイントは目的や条件を事前に明確にしておくことです。(特に購入の場合。)
また、依頼する不動産業者は物件の所在する地域の事情に詳しい地元の不動産業者を選びましょう。免許番号の( )内の数字は5年毎の免許更新回数を表します。営業年数、実績の目安になります。
 

 

 

トップページに戻る

 
お問い合わせはこちら TEL
0470-73-4688
FAX
0470-73-4689
E-mail
info@isono-re.jp
 
 

Copyright(c)2019 isono real estate All rights reserved.